読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sleepflower音盤雑記

洋楽CDについてきわめて主観的に語るブログ。

【この1曲】Ashe O'Hara 「I've Give Up On You」(2014)

先日、TesseracTの通算3作目「Polaris」が日本先行発売という記事がリリースされたがバンド紹介の中の「2枚のアルバム『One』(2011)『Altered State』(2013)でシンガーが安定せず、何度かの交替を経てきた彼らだが、初代ヴォーカリストのダニエル・トンプキンスが復帰して制作されたのが『ポラリス』だ。」という記載を見て「おいおいアッシュ(Ashe O'Hara)は無視かよ」とツッコミたくなってしまった。アッシュが2nd「Altered State」で果たした貢献については既に先日の記事で書いたとおりだがそれだけでなくアッシュはルックスも抜群なんである。「ダニエルのほうがずっとイケメンだろ、アッシュはデブだし」という声が各方面から聞こえてきそうだがこれに対しては「デブ専、じゃなくてマニックスのファンをなめるな」と反論するしかない。しかしペリフェリーの「The Parade of Ashes」という曲のタイトルを見て「きっとこれは「デブパレード」だと揶揄しているのに違いない」と被害妄想に陥ってしまうのも事実なわけでアッシュにはもうちょっと痩せてくれないかなと思ってしまう。しかしこのヒゲ面のポッチャリな(しかしベースはイケメンな)オッサンみたいなのが天使のようなハイトーンヴォーカルで歌うところに魅力があるわけで、この点で彼はマニックスのジェームズの後継者(笑)だと個人的には思っている。アッシュは最近自身のバンドVoices From the Fuselageで新作「Odyssey:The Detroyer of Worlds」をリリースしてそっちも非常に評価が高いが今回紹介するのはその1年前ぐらいにAshe O'Hara名義でリリースした下の作品である。

「何だこれわぁぁ」と全世界のTesseracTのファンが発狂しそうな今時のエレクトロダンスポップである。リリース時期がギリギリTesseracT在籍時だったので「こういうのもありだと思うよ(心の声:自分は好きじゃないけどね)」と大人のコメントが散見されたがこれがTesseracT脱退後のリリースだったらどれだけ叩かれただろうか。しかも厄介なことにアッシュのヴォーカルがこの系の曲に対して全然違和感がないんである。それどころか「実はこういう路線のほうが彼には合っているんじゃないだろうか…」と思ってしまうのは、彼の声が持つソウルフルなテイストのせいもあるんだろう。「Altered State」では全編女声かと間違われるほど高い声域で歌われていたのに対し、「I've~」は彼本来の声域で歌っているのでよりリラックスして伸び伸びと歌ってるなというのが伝わってくる。こういう無機質なダンス音楽にはウォームでソウルフルな生ヴォーカルがよくマッチすることは過去にもSAW時代のリック・アストリーの大ヒットやその後のガラージュ・ハウス等の大流行で証明済みだ。おまけにアイドルみたいなイケメンだしな(←そこでデブデブ言ってる人、昔のアッシュを見たら絶世の美少年ぶりに卒倒するぞ)。Bandcamp限定ということもありコッソリ出しました感半端ないが下手にこれが受けてしまって「何だこの路線でいいや」と本人が勘違いしてしまったらどうするんだろう。「きっとこれマニックスの「Miss Europa Disco Dancer」みたいな一回きりのお遊びだよ」と思いたいが、最近SoundCloudにアップされているデモ曲集の中にもこんな感じのダンス音楽があったぞ。大丈夫か?